キャットフードの種類

By | 2016.10.06

キャットフードは、種類が豊富なため、商品選びに迷ってしまうことは多くあります。そこでキャットフードについて細かくご紹介したいと思います。キャットフードのことを知って愛猫の食事についてよく考えてあげることが大切です。

キャットフードには大きく分けて二つのタイプに分けることができます。それは、ドライタイプのもとウェットタイプのものです。この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。ドライフードは、圧力をかけ乾燥をさせたタイプであり、食感は硬くてカリカリとした餌です。また、ドライフードは栄養バランスを考えてつくられていることが特徴です。ドライフードの水分は少ないためのどが渇きやすいので飲み水も用意することが大切です。ドライフードは、まとめ買いせずに、開封後は便で保存したり、密封して冷凍保存したりするとよいでしょう。

ウェットフードは、やわらかい餌で、缶詰、パウチで販売をされています。水分が8割も含まれており、香りも強いので猫の興味を強くひきます。水分が多いため、食後すぐにおなかがすきやすいといった部分があります。統合栄養食としてのものではない場合には、ドライフードとこのフードを一緒に与えるのがよいでしょう。