未分類」カテゴリーアーカイブ

キャットフードの選び方を知っておこう

たくさんの種類があるキャットフードですが、キャットフードを選ぶ際のポイントがあります。ポイントとしては、安全性と栄養価、食いつきの三点があります。今回は、そのポイントについて簡単にご紹介したいと思います。

猫の健康のためにも、特に気を付けなければならないのがキャットフードの安全性です。激安を売りにしているような極端に価格の安いキャットフードは、小麦粉やトウモロコシなどの穀物が多く含まれていたり、肉の副産物が含まれていることがあるので注意しなくてはいけません。また、保存料などの添加物についても、原材料表示をじっくりとチェックしなくてはなりません。また、猫は、肉食動物なので、必要とする栄養素は人間と異なります。猫にとって必要な栄養素は、タンパク質と脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルです。エネルギーとなるのは、タンパク質なので、良質なたんぱく質を多く含むキャットフードを選ぶようにしましょう。

猫は、人間とは異なる味覚を持っており、人間にはわかる味も猫にはわからないことがよくあります。肉食動物である猫にとって、最も必要な栄養素がタンパク質であるために、それを甘くうまく感じさせるのが大切です。タンパク質の多いものを選びましょう。

キャットフードの種類

キャットフードは、種類が豊富なため、商品選びに迷ってしまうことは多くあります。そこでキャットフードについて細かくご紹介したいと思います。キャットフードのことを知って愛猫の食事についてよく考えてあげることが大切です。

キャットフードには大きく分けて二つのタイプに分けることができます。それは、ドライタイプのもとウェットタイプのものです。この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。ドライフードは、圧力をかけ乾燥をさせたタイプであり、食感は硬くてカリカリとした餌です。また、ドライフードは栄養バランスを考えてつくられていることが特徴です。ドライフードの水分は少ないためのどが渇きやすいので飲み水も用意することが大切です。ドライフードは、まとめ買いせずに、開封後は便で保存したり、密封して冷凍保存したりするとよいでしょう。

ウェットフードは、やわらかい餌で、缶詰、パウチで販売をされています。水分が8割も含まれており、香りも強いので猫の興味を強くひきます。水分が多いため、食後すぐにおなかがすきやすいといった部分があります。統合栄養食としてのものではない場合には、ドライフードとこのフードを一緒に与えるのがよいでしょう。

キャットフード選び

一口キャットフードと言っても、非常に数多くの種類が存在しており、当然選択するのが難しいのは言うまでもありません。そしてそれぞれの種類で何らかのセールスポイントがあるのも選択を迷わせる大きな要因になります。まず頭に入れないといけないのは、種類によっての特徴を抑える事です。家電製品と全く同じで、どういったセールスポイントがあるのかを知り、そして比較検討するのが望ましいです。また、その上でどういった選び方をするのが適切であるのかも意識するのが良いでしょう。

結論を言えば、決してキャットフード選びにこれといった正解はありません。問題となるのは、何を重視するかです。安全性や価格であるのか、はたまた栄養バランスであるのかといった事を重視しての選択をしていくのが基本となります。もちろん、総合的なバランスも考えての選択もしないといけません。一概に価格が高いキャットフードを選択すれば良い訳ではない事を頭に入れておかないといけません。多くの方がキャットフードを何となくで選択をしているものの、しっかり考えた上での選択をすべきです。それが大切な家族である猫の為にもなるのは間違いありません。

当サイトではキャットフード選びをする上で覚えておくべき基本についての解説をします。今までキャットフード選びにあまり関心がなかった方は、基本となる部分を考慮しての選択をしてみてください。選ぶべきポイントはしっかり存在しています。